東洋拳法 神戸大学支部のホームページです。

東洋拳法とは?

  • HOME »
  • 東洋拳法とは?

東洋拳法とは?

東洋拳法は、東洋医学を核とし、人体の構造をもとに組み立てられた技法(技術)の習得を通じて、人間形成を目的とする武道です。

確立された技術体系を学ぶことはもちろんですが、あらゆる武道・格闘技の経験者が稽古に打ち込んでおり、従来の技術体系に捉われず自主的・発展的な稽古ができる懐の深さをもっています。

特に神戸大学支部では、自分たちで考える稽古をモットーに、個々人が自分の成長段階に合わせ、さまざまな稽古に取り組んでいます。

 

試合形式(概要)

乱捕 安全性を高め幅広い階層の方が参加できるよう、防具着用と打撃ポイント制により行います。
・有効打  上段への突き技、中段への突き技・蹴り技
・防具   上段:面、中段:胴、拳サポーター、足サポーター着用
軟警棒 表面が柔らかい模擬警棒使用し、乱捕同様に防具着用と打撃ポイント制により行います。
・有効打  中段・下段への軟警棒による打突技、また中段への蹴り技も有効
演武 型稽古に代表される単独演武のほか、攻守双方に分かれた組演武、また対武器を想定した演武など、
使用される技術に制限はほとんどなく、技術体系の披露や習熟度合いを示す格好のものとなっています。
技の理解・全体の構成・冴え・切れ・実際の使用に際した場合との整合性等の観点から審査されます。

試合風景

編集

←☆川﨑コーチの学生時代の貴重な一枚☆

面と胴を着用し、上段・中段への打撃を有効打とするポイント制で行います。

 →☆足立君の試合風景☆

頭部を除く部位への警棒での打撃及び中段への蹴り技を有効打とする
ポイント制で行います。

編集

 ←☆中島監督(左奥)&川﨑コーチ(右手前)による審判☆

コンマ数秒の動きを見逃さない、高度な判断力が必要です。

新入部員募集中!

見学、体験入部はいつでも受けつけています。 お気軽にお越しください。

稽古場所・時間

◆稽古場所
国文キャンパス 養心館

◆稽古時間
水曜 18:30~20:00
金曜 18:00~20:00

PAGETOP
Copyright © 東洋拳法 神戸大学支部 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.